カテゴリ | 資産運用参考書

タグ |

しっかり儲ける CFDトレード入門


しっかり儲ける CFDトレード入門

Amazon.co.jp より)

FXと同じしくみの新しい投資商品
CFD(ContractsforDifference)は直訳すると「差金決済取引」となるが、要するに「証拠金をベースに、現物株や指数、先物などのトレードができる」新しい投資商品。実はFXもCFDの一種で、トレード対象が通貨であるものといえるが、CFDでは、日経225採用銘柄に加え、たとえばグーグルやマイクロソフトなど海外市場の株式、ダウ、ナスダックといった指数、グロベックス(シカゴ)やSGX(シンガポール)に上場している指数先物などをトレードすることができる。

少額資金でトレードでき、使い勝手と効率がよいしたがって、CFDというのは、FXのように「少額資金からできる、レバレッジを効かせて投資できる、夜間でも取引できる」といったメリットをもちながら、「世界中のさまざまな投資商品を臨機応変にトレードできる」ことが非常に大きな魅力となる。CFDを取引できる証券会社も拡大中で、ひまわり証券、オリックス証券、内藤証券などが参入済みであり、ネット証券最大手のSBI証券もサービス開始を表明している。

CFDトレードのしくみと儲け方がわかる入門書
本書は、これからCFD取引を始めてみようという個人投資家に向けて、そのしくみをやさしく解説し、効果的な投資法を伝授する入門書。基本的なしくみはFXと同じだが、トレードできる対象が広いため、ややわかりにくいのがCFD。本書を読めば、何をどうやって取引したらよいのか、コストはどれだけかかるのか、リスクとリターンはどうなっているのか…など、初心者が知りたいポイントのAtoZがすべてわかる!

FXのカリスマトレーダー・陳満咲杜氏が水先案内人!
著者はFXのカリスマトレーダーとして大人気の陳満咲杜氏。「実はCFDこそが投資商品の本命。ヨーロッパでは投資達人の金持ちたちが大活用している」という陳氏が、定評のある独自のテクニカル分析を駆使し、CFDトレードにおいてリスクを抑えながら勝つ方法について、シンプルでありながらズバリ核心を突いた奥義を伝授する。

Amazon.co.jpの詳細ページ へ



しっかり儲ける CFDトレード入門 関連記事







外為オンライン オリコUPty iD カード 資産運用/クレジットカード/ローン/融資の口コミ・比較・申込み【ネットワークアイ】
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック オリックスVIPカードローン 資産運用/クレジットカード/ローン/融資の口コミ・比較・申込み【ネットワークアイ】
このページのトップ