カテゴリ | 資産運用知識

固定金利と変動金利、どちらが自分に合った借り方?


固定金利・変動金利のどちらがお客さまに適しているかは、お客さまのライフプランによって異なります。
金利タイプにより大きく異なるのは「金利固定期間の長さ」です。金利タイプを選ぶために、ご自分のライフプランにおいて「金利固定期間」が必要か、必要ならばどの程度必要かを考えてみてはいかがでしょうか。

「金利固定期間」は、「返済額を確定させたい期間」、つまり「返済額の変動により家計に負担を与えたくない時期」と捉えることができます。
具体的には、将来に家計の収支が厳しくなるライフイベントが予想される場合は、金利変動による返済額の増減を防ぐためにも、少なくともその時期が終わるまでは、金利を固定して返済額を確定させるほうが資金計画を立てやすく、得策といえます。
たとえば、近い将来に妻が退職し、出産する可能性がある場合には、収入減に加えて支出増となりますので、ある程度の期間(妻が再就職するまでの期間等)は金利を固定させたほうが家計にとって安心でしょう。
このように、「金利固定期間」の要不要を検討することが、ライフプランに適した金利タイプを選択するための重要なヒントになります。

また、そもそも返済額の変動に抵抗のある方には、固定金利タイプをおすすめします。一方で、返済額の変動に抵抗が無く、収入・貯蓄に余裕がある方は、ある程度の金利上昇にも適用できると考えられるため、変動金利タイプも選択肢として検討されることをおすすめします。




固定金利と変動金利、どちらが自分に合った借り方? 関連記事







外為オンライン オリコUPty iD カード 資産運用/クレジットカード/ローン/融資の口コミ・比較・申込み【ネットワークアイ】
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック オリックスVIPカードローン 資産運用/クレジットカード/ローン/融資の口コミ・比較・申込み【ネットワークアイ】
このページのトップ