カテゴリ | 資産運用知識

タグ |

外国為替証拠金取引(FX)について


FXとは外国為替証拠金取引をする投資形態のことで、個人投資家でも世界各国の通貨を自由に売買できる金融商品のことです。一般に「外貨FX」などとも呼ばれており、証券会社などに小額の担保金を差し入れ、その10~20倍の外貨を売買することができる仕組みです。

ネット証券などで取り扱っており、FX専用の口座(口座開設は無料で可能)を開設することで利用できます。

FX取引とはFX取引を簡単に説明しますと、円高のときに外国の通貨を買っておき、円が安くなってから売って円に戻すことにより、その売買における差分の利益が狙うことができます。また、先に外貨を売っておき、円が高くなったときに買い戻すなど、持っていない外貨を売ることからも始めることができます。

近年では、口座開設無料、最低証拠金や手数料の引き下げにより、利用者が急増しています。

FXが銀行預金のように、長期保有の安全な資産運用先として利用する事も出来ます。

近年、個人投資家のあいだでFXが非常に注目を集めていますが、その1番 の理由になっているのが、スワップ金利です。スワップとは「金利取引をした2通貨の金利差」のことをいいます。日本の「円」が政策によって超低金利の通貨になっていたため、スワップ金利を取得しやすい背景がありました。

高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売れば差引で収入となります。FX初心者の方の中にはこのスワップ金利を重視する「スワップ金利派」の人も少なくありません。

FX初心者の中には「FX=デイトレード」と思っている人も多く、ハイリスクでギャンブル性の強い危険な商品だと認知されていたりします。しかし実際は決して危険なものではなく、むしろ銀行の外貨預金などとは比べ物にならない位に安全で有利な金融商品なのです。




外国為替証拠金取引(FX)について 関連記事







外為オンライン オリコUPty iD カード 資産運用/クレジットカード/ローン/融資の口コミ・比較・申込み【ネットワークアイ】
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック オリックスVIPカードローン 資産運用/クレジットカード/ローン/融資の口コミ・比較・申込み【ネットワークアイ】
このページのトップ